強度・耐薬品性|スペーシア株式会社 | スペーシアオンラインショッピングはこちら!!

サイト内検索

文字サイズ

  • 最大
Language

製品情報

  1. HOME > 
  2. 製品情報 > 
  3. テクニカルガイド(使用上の注意) > 
  4. 強度・耐薬品性

強度・耐薬品性

強度

スペーシア製品で作成した物の強度は、構造、サイズ、使用部品によって異なります。

また、接着によっても左右されます。

(1) スペーシアパイプの比例限界荷重(三点曲げ試験)

※比例限界荷重:荷重をとればもとの形状にもどることができる最大荷重

※測定方法及び測定値は当社規定に基づくものであり、保証値ではありません。

 

試験条件:

試験方法=両端自由支持、中央集中荷重

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

 ●鋼管肉厚0.7mm系(SPS・SPC・SPM・SPT・SPD・SPE・SPP・SPPD)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重
450mm 1370N(140kgf) 1300N(135kgf)
600mm 1080N(110kgf) 930N(95kgf)
900mm 690N(70kgf) 290N(30kgf)
1000mm 570N(58kgf) 225N(23kgf)
1100mm 520N(53kgf) 175N(18kgf)
1300mm 430N(44kgf) 110N(11kgf)
1500mm 380N(39kgf) 75N(8kgf)
1800mm 310N(32kgf) 45N(5kgf)
2000mm 260N(27kgf) 30N(3kgf)

 ●鋼管肉厚1.4mm系(SPK)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重
450mm 2400N(245kgf)

3130N(315kgf)

 ※比例限界荷重超

600mm 1630N(165kgf) 1430N(145kgf)
900mm 875N(90kgf) 470N(48kgf)
1000mm 720N(73kgf) 360N(37kgf)
1100mm 635N(65kgf) 280N(29kgf)
1300mm 525N(54kgf) 175N(18kgf)
1500mm 435N(44kgf) 115N(12kgf)
1800mm 350N(36kgf) 65N(7kgf)
2000mm 320N(33kgf) 50N(5kgf)

 ●アルミ管肉厚1.7mm系(SPA)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重
450mm 1470N(150kgf)

2100N(215kgf)

 ※比例限界荷重超

600mm 1020N(105kgf)

1025N(105kgf)

 ※比例限界荷重超

900mm 600N(61kgf) 375N(38kgf)
1000mm 545N(56kgf) 295N(30kgf)
1100mm 490N(50kgf) 240N(25kgf)
1300mm 395N(40kgf) 135N(14kgf)
1500mm 330N(34kgf) 85N(9kgf)
1800mm 265N(27kgf) 65N(7kgf)
2000mm 215N(22kgf) 35N(4kgf)
(2) スペーシアパイプの比例限界荷重(固定端 NSJ-1)

※比例限界荷重:荷重をとればもとの形状にもどることができる最大荷重

※測定方法及び測定値は当社規定に基づくものであり、保証値ではありません。

 

試験条件:

試験方法=両端固定(NSJ-1/10N・m)、中央集中荷重

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

 ●鋼管肉厚0.7mm系(SPS・SPC・SPM・SPT・SPD・SPE・SPP・SPPD)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重

1000mm

695N(71kgf) 335N(34kgf)
1500mm 485N(49kgf) 125N(13kgf)
2000mm 340N(35kgf) 45N(5kgf)

 ●鋼管肉厚1.4mm系(SPK)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重
1000mm 920N(94kgf) 505N(52kgf)
1500mm 640N(66kgf) 185N(19kgf)
2000mm 600N(61kgf) 85N(9kgf)

 ●アルミ管肉厚1.7mm系(SPA)

A寸法比例限界荷重10mm変位時荷重
1000mm 770N(79kgf) 315N(32kgf)
1500mm 615N(63kgf) 150N(15kgf)
2000mm 590N(60kgf) 80N(8kgf)
(3) パイプ端部取付用部材の比例限界荷重(垂直荷重試験)

※比例限界荷重:荷重をとればもとの形状にもどることができる最大荷重

※測定方法及び測定値は当社規定に基づくものであり、保証値ではありません。

 

試験条件:

試験方法=垂直荷重

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

品番比例限界荷重
JB-401 0.49kN(50kgf)
JB-404 5.88kN(600kgf)
JB-404AP 5.88kN(600kgf)
JB-405 4.90kN(500kgf)
JB-407 0.49kN(50kgf)
JB-408 0.49kN(50kgf)
JB-409 2.94kN(300kgf)※ゴム部締付トルク10N・m
JB-410 3.24kN(330kgf)※ゴム部締付トルク10N・m
JB-412 4.90kN(500kgf)
JB-414 0.78kN(80kgf)
JB-427 0.49kN(50kgf)
(4) スパホイールの比例限界荷重(三点曲げ試験)

※比例限界荷重:荷重をとればもとの形状にもどることができる最大荷重

※測定方法及び測定値は当社規定に基づくものであり、保証値ではありません。

 

試験条件:

試験方法=両端自由支持、中央集中荷重

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

支点長1,000mmの場合

スパホイール

 (幅40タイプ)

品番 比例限界荷重 10mm変位時荷重
JB-500 740N(76kgf) 620N(63kgf)
JB-500A4 735N(75kgf) 610N(62kgf)
JB-520 560N(57kgf) 430N(44kgf)
JB-530 670N(68kgf) 560N(57kgf)
JB-540 780N(80kgf) 605N(62kgf)
JB-570 640N(65kgf) 530N(54kgf)
JB-570A4 635N(64kgf) 530N(54kgf)
JB-800 585N(60kgf) 290N(30kgf)
JB-800A4 615N(63kgf) 290N(30kgf)

スパホイール幅広

 (幅88タイプ)

JB-820 1265N(129kgf) 640N(65kgf)
JB-830 1155N(118kgf) 635N(65kgf)
JB-580 1220N(67kgf) 987N(95kgf)
JB-590 1140N(117kgf) 965N(99kgf)
支点長1,500mmの場合

スパホイール

 (幅40タイプ)

品番 比例限界荷重 10mm変位時荷重
JB-500 455N(47kgf) 225N(23kgf)
JB-500A4 445N(46kgf) 220N(22kgf)
JB-520 320N(33kgf) 145N(15kgf)
JB-530 380N(39kgf) 195N(20kgf)
JB-540 485N(49kgf) 210N(22kgf)
JB-570 375N(38kgf) 190N(20kgf)
JB-570A4 375N(38kgf) 190N(20kgf)
JB-800 355N(37kgf) 93N(9kgf)
JB-800A4 395N(40kgf) 94N(10kgf)

スパホイール幅広

 (幅88タイプ)

JB-820 670N(68kgf) 215N(22kgf)
JB-830 670N(68kgf) 210N(22kgf)
JB-580 660N(67kgf) 370N(38kgf)
JB-590 660N(67kgf) 355N(36kgf)
(5) コロ単体あたりの強度(比例限界荷重)

試験条件:

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

 

スパホイール(幅40タイプ):10kgf

スパホイール幅広(幅88タイプ):15kgf

(6) メタルジョイントの強度

メタルジョイントの縦方向ズレ及び引抜荷重は約880N(90kgf)

 

試験条件:

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

(7) プラスチックジョイントの強度比較(選び方)

より強度を必要とする場合は、同種機能のプラスチックジョイントを強度で比較して選んで下さい。

  • 強度比較ー1

    つなぐタイプよりは通しタイプのジョイントを使用して下さい。

  • 強度比較ー2

    三角形の補強リブ付きのジョイントを使用して下さい。

  • 強度比較ー3

    アームの長いジョイントを使用して下さい。

  • 強度比較ー4

    スリットのない通しタイプのジョイントを使用して下さい。

(8) ユニプラ・ライトジョイントのパイプ保持強度

ユニプラ・ライトジョイントのパイプ保持強度は、ズレ・引抜ともに196N(20kgf)以下で設計してください。(参考値)

(9) スペーシアシステムによる構造物の強度比較

下図は構造変化による強度比較

試験条件:

試験方法=中央集中荷重

試験速度=50mm/min

試験温度=常温

耐薬品性

プラスチックジョイント及びパイプに被覆したプラスチックの耐薬品性

無機酸、アルカリ、塩、無極性油等には十分耐えます。
有機溶剤のケトン系、エステル系、芳香族、塩素化炭化水素には、溶解または膨張します。

室温7日浸漬後の外観変化

 

薬品名外観薬品名外観
蒸留水 変化なし nーヘプタン 変化なし
10%酢酸 変化なし レギュラーガソリン 膨張白化
10%塩酸 変化なし 機械油 変化なし
3%硫酸 変化なし トルエン 溶解
10%水酸化ナトリウム 変化なし メチルエチルケトン 溶解
エタノール 変化なし

▲ PAGE TOP